24。 月2016 オリバーBienkowski

ギリシャ寡占に対するキャンペーン

デモクラシーの発祥地は寡頭制です

激しい景気後退にもかかわらず、「改革」にもかかわらず、ギリシャは依然としてオリガルキの手にしっかりとしています。 緊縮の政治はこの現状を強制するだけであり、多くの人に少数の力を増す。 トロイカの祝福によって、国家資産が売却されています。

Big BrotherはOrwellの1984市民を見ている。 大胆なポスターとスクリーンでは、上司のみんなを示しています。残酷で全体主義的な国です。 今日のボスは、物事を実行する1のは、かなり多くの陰湿な、ロープロファイル、隠されています。 私たちはPixelHELPERです。今年2月にアテネに来て、忘れ去られたこれらの顔に大きな光を当てました。 我々は、ギリシャの人々に対する大きな不公正を強調するためにここにいます。 ピクセルヘルパーによって上演OPAPの「連邦共和国」、モーターオイルヘラス、ギリシャ議会でオーウェル予測は、前面にオリガルヒの隠された力を持って来るためにギリシャと国際的なメディアに波及効果を作成するのに役立ちます。 私たちの介入は、ギリシアのパワーネクサスの2人の中心人物に焦点を当てています。

[gallery_bank type =” images” format =” masonry” title =” true” desc =” false” img_in_row =” 3” display =” all” sort_by =” random” animation_effect =” bounce” album_title =” false” album_id =” 18″]

「タイガー」と呼ばれるディミトリス・メリサニディスは、チェコの投資家コンソーシアムとともに、国営のギャンブル独占OPAPを実際の価値の何分の1かで購入することができました。 OPAPの販売プロセスはギリシャのメディアによって疑問視されていません。OPAPはギリシャで最も強力ではないにしても最も強力なメディア予算のXNUMXつであり[IIXNUMX]、ギリシャの主流メディア内での活用は無限に見えるためです。 メリサニディスの力に疑問を呈するジャーナリストは、自分たちの生活さえも脅かされ、脅かされています。

Vardis Vardinogiannisとその家族は「州内の州」とみなされます。 信頼できる噂では、その石油会社が、クリーンな再生可能エネルギー源ではなく、汚れた高価なディーゼル発電機でギリシャの島々を主に運んでいる理由がある。 Vardinnogiannisの一族の権力は、2つの主要なテレビチャンネル、サッカーチーム、かつては銀行部門であったため、ギリシャで論争されていません。

PixelHELPERは、ギリシャが民主主義に復帰することを要求しています。 政党の資金調達や政治家の個人財政に関する厳しい法律を施行することによって。 現在開かれており、高位政治家(Antonis Samaras首相を含む)を含むノバルティスのスキャンダルは、この問題の重要性を強調している。 残念ながら、SYRIZA議長のTasia Christodoulopoulouが率いるギリシア議会の透明性委員会は、政治家の左右の利益を守り続けている。 最近公表された報告書では、委員会は自らの慣行を政党に批判している。 これは容認できず、世界で何かをする方法を示しています。

PixelHELPERは、現在の民営化を精査し、再評価し、ギリシャの人々に公正な報酬を保証することを求めています。 独立した調査が必要です。

私たちは、貧困層の3分の1以上を抱える国の中の寄生虫であるオリガルヒ族との戦いにおいて、ギリシャの人々と連帯して立っていました。 プルトクラテスの腐敗は今終わらなければなりません。ギリシャにとって真の回復のチャンスは決してありません。

PixelHELPER Foundationは、国際的で非営利のアーティスト集団であり、アクションアートの最も革新的な政治的インキュベーターのXNUMXつです。 アートは、啓蒙の精神に基づく社会的自己保証の一形態として、挑発し反抗しなければならないものと見なしています。 私たちのキャンペーンは、国のXNUMX番目の力としての芸術の可能性を示しています。

ギリシャでのキャンペーンを継続するには、あなたの助けが必要です。 #Paypal経由で寄付:paypal@PixelHELPER.tvまたはhttps://PixelHELPER.org/de/Spenden

デジタル世界以外の寄付について:
寄付の勘定:
イバン:DE93 4306 0967 1190 1453 00
BIC:GENODEM1GLS
所有者:非営利団体PixelHELPER財団
件名:芸術と文化への資金提供

インプリントフリー。 バウチャーのコピーが要求されました。 「報道写真家:Dirk-Martin Heinzelmann、PixelHELPER.org」に言及してください